ABOUT

奇跡調査官
聖徒の座に所属する、秘密調査官。世界中から寄せられる「奇跡の申告」に対して厳密な調査を行い、 その真偽を判断する任をおびている。
聖徒の座
バチカンの調査機関。サン・ピエトロ大聖堂の中に近代的なオフィスを持ち、世界中から寄せられた奇跡的な現象の申請に対し、真の「奇跡」として認めるかどうかの調査を行う。調査結果は、18人の枢機卿からなる奇跡調査委員会に報告される。
天使と悪魔のゲーム
平賀が考案したパズルゲーム。細長い輪になった紙のマス目に、順番に黒い丸(悪魔)と白い丸(天使)を描いていき、縦・横・斜めのいずれかで先に7つ並べられた方が勝者となる。平賀は300手先まで読むことができる。
セントロザリオ学院
セントロザリオ教会が運営する全寮制の寄宿学校。生徒たちは名門の子息が多く、規律正しい生活と厳しい試験制度によるエリート教育が行われている。教会の神父たちも、教師として神学の授業を担当。学生寮では、マリオ・ロッテが寮長を務める。
割り符
紙や木片などに文字や証印を記して2つに割ったもの。当事者双方が一片ずつ持つことで、互いの証書とした。サウロが平賀たちに見せたのは銅板に悪魔像が描かれたもので悪魔崇拝を示すためのものと思われる。
スティグマ(聖痕)
キリストが磔にされた時に受けた傷(釘を打たれた掌、足の甲、背中の鞭打ちの痕、脇腹の槍傷)が、信者の身体に再現されたもの。傷は科学的にも医学的にも説明できない状況で現れる。
聖槍
磔にされたキリストの脇腹を刺したといわれる聖なる槍。セントロザリオ教会では、礼拝堂のキリスト像の下に安置されている。
奇跡申告
神の力によって引き起こされたとする現象について申し告げること。この申告を受け、現象が真の「奇跡」なのか厳密な調査を行い、真偽を判断するのが奇跡調査官である。
マリア像の涙
セントロザリオ教会の礼拝堂にあるマリア像に起きた現象。平賀の分析によると涙の成分はただの水のようだが…。
ミハイル・ブラウン司祭
戦後の荒廃からセントロザリオ教会を復興し、セントロザリオ学院を創設した人物。学院の初代校長を務め、今も神父たちからの尊敬を集めている。学院ではミハイル司祭の校長室を生前のままに残し、司祭の魂が宿る神聖な場所として守っている。
ウィザードマスター
降霊会の中心となり、霊と交信し、その言葉を告げる者。セントロザリオ学院の寮生たちの間で秘密に行われている降霊会では、歴代のマスターから指名された者がウィザードマスターになり、呼び出した太古の精霊のお告げをウィージャ盤(降霊術用の文字盤)で示す。
ルミノール
窒素含有複素環式化合物の一種。過酸化水素と共に用いると、血液の存在を発光反応によって知らせる。平賀は礼拝堂にルミノールを噴射し、いくつかの血液反応と血液を踏んだ足跡を発見した。
ルーン文字
かつてゲルマン民族の間で広く用いられていた表音文字(個々では意味を持たず、音のみを表す文字)。ルーンとは「神秘」や「秘密」を意味する。近現代に入り各文字や配列には魔術的な力があると考えられ、儀式や呪術などに多く用いられた。
ヤヌス神
古代ローマの神で、前向きと後ろ向きの2つの顔を持つ。門の守護神であり、1年の始まりなど、あらゆる物事の始まりを司ると言われている。