SPECIAL

「バチカン奇跡調査官」キャストコメントが到着!

地上波放送も本日より開始となる「バチカン奇跡調査官」。
出演キャストから、本作への熱いコメントが寄せられましたので、ご紹介致します!

平賀・ヨゼフ・庚役
◆岡本信彦


■今回の配役に決まったお気持ちをお聞かせください。
人気のある作品かつ重厚な作品に出演できて嬉しかったです。
平賀という天然で聡明なキャラクターをどうやればいいのか悩みました。
■原作小説を読まれた印象はいかがでしたか?
雰囲気がとてもある作品なので読み進めていくと、次に何が起こるのかワクワクする作品です。
同時に頭が良くなった気持ちになります。
奇跡調査もしてみたくなりますし、バチカン奇跡調査官で知ったことを言える状況になったらさぞ楽しいだろうなと思います。
ただその時には大事件が起きていそうなので危なさそうですね。
■演じられる「平賀」についての印象はいかがですか?
共通点はボードゲームをやるというところぐらいでしょうか。天使と悪魔のゲームがどういうものかやってみたいです。(平賀について)意外だったところは化学を勉強しながらも、奇跡を信じてるところです。化学で証明しきれないことこそが奇跡の証明であり、それを探しているのはわかるのですが、見る人から見れば信仰と相反しそうな気がします。
■序盤のアフレコを終えられた現段階のお気持ちはいかがでしょうか?
たくさんしゃべりました。難しいこともいいますし、流れもないといけない。
説明台詞が大半を占める役というのは、とても大変だなと思いました。
■本作序盤の見どころはズバリどこでしょうか?
聖水のシーンです。
■最後に本作への意気込み、ファンへのメッセージをお願いします
とても頑張りがいのある役だなと思いました。諏訪部さんとここまで長台詞の応酬ができる機会もないので、楽しみながら演じたいと思います。

ロベルト・ニコラス役
◆諏訪部順一


■今回の配役に決まったお気持ちをお聞かせください。
オーディションの際に非常に楽しく演じることが出来たので、ロベルトを任せていただけることになり本当にうれしく思っています。
■原作小説を読まれた印象はいかがでしたか?
ネタバレになってしまうといけないので子細語るのは控えますが、実際に読んでみると自分が想像していた感じとは異なる展開で驚きました。様々なエッセンスが盛り込まれた物語ですね。
■演じられる役「ロベルト」のキャラクターを、ご自身の性格と比較されてみると?
近い部分があるような、ないような(笑)。社会性や協調性みたいなものが一応あるけれど、興味のスイッチがひとたび入ってしまうと……なところなどは、共感を覚えます。
■序盤のアフレコを終えられた現段階でのお気持ちをお聞かせください。
平賀とロベルトは毎回よく喋るので、非常にやり甲斐があります。アッと驚く展開の連続で、本当に楽しく取り組ませていただいています。
■本作序盤の見どころを教えて頂けますでしょうか?
真実を求めて様々な謎に挑む二人の調査官の姿を集中してご覧いただけると大変ありがたいです。これは伏線?というような意味ありげな描写もあちこち散りばめられておりますので、全編気を抜かないようお気をつけ下さい。
■最後に本作への意気込み、ファンへのメッセージをお願いします
原作ファンのみなさんにも、アニメから入るみなさんにも、このTVアニメ『バチカン奇跡調査官』をお気に召していただけるよう、心を込めて取り組んでおります。ぜひ最後までおつきあい頂けますと幸いです。よろしくお願い致します!

サウロ大司教役
◆江原正士


■今回の配役に決まったお気持ちをお聞かせください。
「バチカン」と聞いて、ダン・ブラウン原作によるトム・ハンクス主演の「天使と悪魔」を思い出しました。自分が吹き替えを担当したこともあり、世界観に興味があったので作品に参加できて嬉しいです!
■原作小説を読まれた印象はいかがでしたか?
縦横無尽な先生の筆力は女性とは思えない骨太の世界観の広がりと、女性ならではの繊細な男子キャラ描写で、男女問わずに楽しめるエンターテイメント小説だと思います!
■演じられる役「サウロ大司教」のキャラクターを、ご自身の性格と比較されてみると?
サウロ大司教はエクソシストとして悪魔に対し、ある意味 ”狂” の部分を強く持ちながらも平素は穏やかな人格を保持しながら信念を持って生きています。かなりベクトルが違いますが、僕もそのように出来たらいいな、と想ってるところが若干似てるかなーと。うーん無理があるかな(小笑)
■序盤のアフレコを終えられた現段階でのお気持ちをお聞かせください。
台本はカタカナも多くて話も複雑なので、ちゃんと話を理解してないと字面を追うだけになってしまいがちなのに、みんな良く頑張ってます。特にヨゼフ岡本、ロベルト諏訪部の両君は台詞量も多く、ベシャリスピードも速いのに…流石です!
■本作序盤の見どころを教えて頂けますでしょうか?
若い二人の神父が謎解きをしながらクライマックスに向かっていくスリリングな展開は想定外オーバーの迫力。例えば聖水を使うシーンは、………オッと、これ以上はネタバレするので自分で確かめてください!
■最後に本作への意気込み、ファンへのメッセージをお願いします
役の上では平賀、ロベルトの両君を後押ししながら、収録現場では若手諸氏と一体となって作品を盛り上げて行きたいと想いますので、是非ともチームを応援してください! また、アニメをご覧になって興味を持たれたら原作小説も読んでみて下さい、8K並みの高精細さで世界が広がります!

ローレン・ディルーカ役
◆斉藤壮馬


■今回の配役に決まったお気持ちをお聞かせください。
ものすごく嬉しいです! 平賀役でオーディションを受けさせていただいて、そのときに初めて作品に出会ったのですが、僕の趣味にどストライクな内容で、絶対に出たい!と思っていました。ローレンは平賀の参謀役であり、良き友人であり、そして……おっと、これ以上はオンエアを見て、直接楽しんでいただかないとですね。明晰な頭脳を持つ彼の言葉に、説得力を持たせられるよう努めたいと思います!
■原作小説を読まれた印象はいかがでしたか?
天使と悪魔、オカルト、ホラー、ミステリーなんて大好物です! 面白すぎて一気に読んでしまいました。平賀とロベルトのやりとりのバディ感もさることながら、その巻ごとの結末には毎回驚かされています。個人的には短編集の『天使と悪魔のゲーム』がお気に入りです。各キャラクターの過去がまた切ない……!サウロさんの話には思わず、ウルッと来てしまいました。あと、ロベルトの作る料理がとにかく美味しそうで、お腹が空きます(笑)。
■演じられる役「ローレン」のキャラクターを、ご自身の性格と比較されてみると?
僕自身はもちろん、ローレンのような頭脳も経験も持ち合わせていませんが、そこはかとなく中二病の薫りを感じる彼にはとてもシンパシーを抱きます。上にも書きましたが、「天使と悪魔のゲーム」を読むといっそう、ああ、ローレンは平賀に会えて良かったなあ、となんだか家族のような気持ちになってしまいました。もっとローレンの話が読みたいですし、演じていきたいですね!
■序盤のアフレコを終えられた現段階でのお気持ちをお聞かせください。
まだそこまで出番はないのですが、あの原作の凄まじい情報量をアニメとして成立させるというのは、凄いことだと思います。しかし、やはり平賀の頭脳のキレには舌を巻かざるを得ませんね。アフレコ自体もとても楽しく、もっともっと参加していたい現場です!
■本作序盤の見どころを教えて頂けますでしょうか?
見どころを言ってしまうと、すぐにネタバレになってしまいそうで難しいですが、原作の緻密に作られた世界観を楽しんでいただけますと幸いです。というかむしろ、自分もまだ完成形を見ていないので、音楽と絵が合わさった本放送を観るのが、今から待ち遠しいです! オープニング、エンディングも期待値大ですよね!
■最後に本作への意気込み、ファンへのメッセージをお願いします
多くのファンの方がいらっしゃる作品のアニメーション化に、ローレンという最高のキャラクターと共に携わることが出来て光栄に思います。複雑に張り巡らされた伏線、暗躍する謎の組織、そして冴え渡る平賀とロベルトの推理。それらがアニメとしてどう形になるのか、僕自身も楽しみにしております!「バチカン奇跡調査官」、何卒よろしくお願いいたします!